明礬泉 温泉効能ナビ


明礬泉

明礬泉の温泉効能は、皮膚病・水虫・結膜炎・白内障など。

温泉水1kg中の含有化学成分が1,000mg以上あり、
陰イオンとして硫酸イオン、陽イオンとして
アルミニウムを主成分とするもの。

粘膜の炎症を抑えることから、皮膚病や多汗症、結膜炎などの眼病にもよいとされていますし、「眼の湯」といわれている温泉地では、明礬泉が多く見られます。


温泉効能が期待される温泉

■北海道地区
・川湯温泉(効能:糖尿病、高血圧症、皮膚病、痔疾、外傷、胃腸病
        、婦人病、リウマチなど)(地図
・知内(しりうち)温泉(効能:痔疾、切り傷、火傷、皮膚病、打撲
               、婦人病、飲用で胃腸病など)(地図


東北地区
・嶽(だけ)温泉(効能:アトピー性皮膚炎、皮膚病、アレルギー疾患
            、糖尿病、術後の療養など)(地図

■関東地区
・草津温泉(効能:皮膚病、アトピー性皮膚炎、腰痛、胃腸病、糖尿病
         、痛風、婦人病など)(地図
・寺山温泉(効能:婦人病、神経痛、リウマチ、皮膚病、腰痛、冷え性
         、飲用で胃腸病など)(地図
・那須湯本温泉(効能:呼吸器病、皮膚病、リウマチ、神経痛、婦人病
           、胃腸病、糖尿病、高血圧症など)(地図

■九州地区
・雲仙温泉(効能:美肌作用、皮膚病、神経痛、リウマチ、五十肩
         、胃腸病、婦人病など)(地図
・地獄温泉((効能:皮膚病、痔疾、糖尿病、貧血症、創傷、神経痛
          、リウマチなど)(地図
・明礬(みょうばん)温泉(効能:アトピー性皮膚炎など各種
                、皮膚疾患)(地図


詳しくは、各温泉でご確認お願いいたします。
posted by コウノウナビ at 14:48 | 明礬泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。